特徴と必要性

毎時6千万通以上配信できる、メール配信エンジン

当社の安否確認サービスでは、毎分100万通以上のメールを配信できる、SendGrid(センドグリッド)というメール配信システムを利用しています。
下記の図でもある通り、通信トラフィックのピークは発災後30分~1時間後にピークを迎えますので、当社ではそれまでにメールの配信を完了させることを目標としております。【これまでの自動配信実績はコチラ

また、時間経過とともにメールサーバーが混みあい出すと、メール返信での安否回答が困難になる可能性があるため、当社では大規模災害時でもほとんど規制されることのないパケット通信のみで回答できる、ウェブ回答方式を採用しています。

一覧へ戻る