特徴と必要性

誤報判定機能を備えた、気象庁の情報に連動した自動送信

当社の安否確認サービスは、気象庁の情報に連動して自動で安否確認メールを配信します。

しかしながら、気象庁の発表する緊急地震速報の約3割は誤報(空振り)となります。
そのため当社のシステムでは、気象庁から情報を受け取った後、すぐにメールの配信は行わず、サーバーの拡張等の準備を行いながら、一定時間経過後に再度気象庁の情報の確認を行います。

この仕組みを自動化することにより、誤報による送信はこれまでに一度も発生していません。

一覧へ戻る