特徴と必要性

大規模災害を想定した負荷検証

当社の安否確認サービスでは、関東で震度7の地震が発生したことを想定して、システムを構築しております。

内部での定期的な負荷検証、パフォーマンス改善はもちろんのこと、年に一度、負荷検証を兼ねた「一斉訓練」を行なっております。

第1回目にあたる2018年度には、6割以上のお客様が参加し、システムの停止やメール遅延などのトラブルもなく、サーバーは十分な余力を残して稼働しておりました。

一覧へ戻る